SoftBank Airキャッシュバックキャンペーン

↓30,000円キャッシュバックキャンペーン実施中↓


光コラボレーションで人気のソフトバンク光ですが、自宅にネット回線をと考えた場合に、ソフトバンクにはもうひとつの選択肢があります。
それが「SoftBank Air」です。
SoftBank Airは、光回線とWiMAXの中間的なイメージで、両方の良いところを持っているのが特徴です。
そこで、今回はSoftBank Airとはどういうものなのかを詳しく解説していきたいと思います。
また、光回線やWiMAXなどのバイルWi-Fiルーターとの比較もしていますので、これからネット回線を契約したいと考えているかたはこちらの記事を参考にしてみてください。

SoftBank Airとは

SoftBank Airは、自宅に設置するインターネット回線(Wi-Fi)です。
しかし、光回線とは異なりAirターミナルを設置するだけですぐに使えるという手軽さがあります。
そういった手軽さから、一人暮らしの方にとても向いているサービスと言えますが、料金や使い勝手などはどうなっているのか見ていきたいと思います。

料金プラン

SoftBank Airを利用するには、「Airターミナル」と呼ばれる機器を自宅に置く必要がありますが、このAirターミナルは現在3種類あります。
それぞれスペックと料金に違いがありますので、まずはAirターミナルの違いについてご説明します。

■スペック

契約方法プラン月額料金Yahoo! BB基本サービス加入特典はじめようSoftBank Air割割引後の料金
Airターミナル分割払い購入スタンダード4,880円300円--1,080円4,100円
プレミアム4,880円800円-300円-1,080円4,300円
Airターミナルレンタルスタンダード5,370円300円--1,080円4,590円
プレミアム5,370円800円-300円-1,080円4,790円

まずはAirターミナルのスペックです。
発売日はAirターミナル→Airターミナル2→Airターミナル3となっているので、最も新しいのはAirターミナル3になります。
ソフトバンク公式サイトではもっと詳細な仕様が書かれているんですが、比較する上で必要な情報のみ抜き出しました。

やはり重要なのは回線の速度や安定性だと思います。
その点で考えると、もっとも新しいAirターミナル3に軍配が上がります。
理由は、TDD-LTEに対応しているということです。
これにより、最大速度が350Mbpsまで上がっていることがわかります。
これはあくまでベストエフォートですので、常に350Mbps出るということではありませんが、安定した速度を求めるのなら350Mbpsくらいはあった方がよいでしょう。
最大接続数については、家庭でそんなに大量に接続するということは考えにくいので、あまり気にしなくてもいいですね。

ただ、実際に使ってみた方のレビューなどを見るとAirターミナル2とAirターミナル3にはそれほど大きな差があるとは感じられないようです。
ですから、Airターミナル2か3であればどちらでも特に問題ないみたいですね。
ただし、Airターミナルは2や3と比べて結構速度が変わるので、選択するのならAirターミナル2か3にしておいた方が無難でしょう。
Airターミナルの方が料金は少し安くなりますが、回線の質などが悪すぎると元も子もありませんからね。

購入と買い取り

SoftBank AirのAirターミナルは、購入とレンタルの2種類の方法があります。
どちらが良いかは使い方次第ですが、基本的に料金だけを見ると購入の方が安くなります。
なぜかというと、レンタルは毎月レンタル料金として490円かかるからです。
一方、購入の場合はAirターミナル本体を分割で購入することとなり、毎月1,500円の支払いを36カ月継続することとなります。
ただし、それに合わせて月月割という毎月1,500円の割引が適用となる為、3年間使い続ければAirターミナル本体の購入代金は実質無料という事になります。

つまり、購入にするかレンタルにするかは継続して3年利用できるかどうかで判断するとよいでしょう。
3年以内に解約するとなると、解約した時点でのAirターミナル本体代金の残債を払わなくてはなりませんし、契約解除料も発生しますので結構な痛手になります。

回線速度

SoftBank Airとそのほかの回線の速度をまずは比較してみましょう。

回線速度
ソフトバンク光1Gbps
SoftBank Air261Mbps~350Mbps
WiMAX13.3Mbps~590Mbps
ワイモバイル~612Mbps

光回線と比較すると、明らかに遅いことがわかります。
しかし、それはWiMAXやワイモバイルでも同じことです。
ちなみに、WiMAXはハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)で最大590Mbpsとなりますが、通常最もよく使われているWiMAX2+の場合は最大440Mbpsなので、Airターミナル3とそれほど大差ないことがわかります。

もし、光回線ほどの速度や安定性を求めるのであればSoftBank Airは不向きとなってしまいますが、そこまでではないのならインターネットを自宅で楽しむ分には問題なく利用できるでしょう。

プロバイダー

SoftBank Airはプロバイダー契約不要で利用できます。
イメージとしては、自宅にネット回線を引くというよりもモバイルWi-Fiルーターを置いていると考えた方がわかりやすいかもしれませんね。

SoftBank Airは使い放題

SoftBank Airは月間のデータ量に制限はありませんので、完全に使い放題になります。
使い勝手としてはモバイルWi-Fiルーターに近いですが、使い放題で利用できるのはとてもうれしいですね。
自宅にSoftBank Airがあれば、スマホもWi-Fi接続できますのでスマホのデータ量の節約もできます。

工事不要ですぐ使える

SoftBank Airのウリは、本体の電源を入れたらすぐに使える手軽さです。
モバイルWi-Fiルーターと同じで工事が不要なので、立ち会いをする必要もありません。
本体の電源を差したらそれで完了です。
引越しをしても本体さえ持っていけば、新居でその日から使い始めることができます。

利用可能エリアは?

SoftBank Airを利用するには、必ず事前にエリアの検索をしておく必要があります。
利用できないエリアでは、SoftBank Airでインターネット接続ができません。
なお、SoftBank Airの電波はソフトバンクグループのWireless City Planning 株式会社が提供しているAXGPという回線を利用しますので、Wireless City Planning 株式会社のホームページでエリア検索をすることができます。

>>SoftBank Airのエリア検索はこちら

スマホの割引は適用できる?

ソフトバンクでは、ネット回線とスマホを両方契約すると「おうち割光セット」というスマホ料金を毎月割引するプランがあります。
これは、ソフトバンク光に限らずSoftBank Airでも適用することができます。
ただし、SoftBank Airでおうち割光セットを適用した場合、「はじめようSoftBank Air割」の適用金額が変わります。
通常は毎月1,080円の割引のところが580円の割引に減額されます。
ただし、その分おうち割光セットの割引がスマホの方に入りますので、適用したからといって損をするというものではありません。

SoftBank Airの口コミと評判

ネット上でSoftBank Airについての口コミを拾ってみました。

その手軽さだけではなく、回線自体も上々の評判のようですね。
ただし、オンラインゲームのように常時安定した高速回線が必要という場合には、やはり光回線の方が安心と考える方もいるようです。

光回線やWiMAXとの違いは?

光回線よりは安い

 プラン月額料金
フレッツ光戸建て5,100円
マンション3,450円
ソフトバンク光戸建て5,200円
マンション3,800円
SoftBank Air戸建て4,100円
WiMAX-4,380円

※フレッツ光は最安のプロバイダーで計算しています。

同じ長期割引や使い放題プランで比較してみると、戸建てプランは光回線よりもSoftBank Airの方が安くなりますね。
また、WiMAXよりもSoftBank Airの方が同じ使い放題プランで考えると安くなります。
しかも、WiMAXの場合は使い放題で利用できるモードが限定されていますので、上限を気にせず使いたい場合にはSoftBank Airですね。
ただ、外出先でもネット回線を使いたいということなら、SoftBank Airは持ち運べないのでWiMAXになりますね。

回線の安定性それなり

SoftBank Airの回線は、光回線と比べてしまうと安定性も速度も劣ってしまいます。
これはWiMAXでもワイモバイルでも変わりません。
安定性を求めるなら光回線が一番なんです。
ですから、光回線にするかSoftBank Airにするかは使い方や料金面で折り合いをつけて、どちらかを選択するのが良いですね。
それなりに使える回線でなるべく安い方がよければSoftBank Airですし、しっかりと安定した回線が常時必要であればソフトバンク光になります。
オンラインゲームや株取引、FXなどをする方は光回線の方が断然おすすめです。
でも、それ以外の使い方なのであればSoftBank Airでも大丈夫だと思います。

光回線は一切の制限なく完全に使い放題のネット回線ですが、WiMAXやワイモバイルなどのモバイルWi-Fiルーターは一部月間データ量無制限プランはあるものの、3日間で10GBの制限があるなど、完全な無制限とは言えません。
しかし、SoftBank Airは3日間の制限もないので使い放題です。

まとめ

SoftBank Airは、工事不要ですぐに使えるWi-Fiルーターです。
3年間継続利用できるなら、Airターミナルを購入しても実質無料となるので負担はありません。
回線速度については光回線に比べると劣るものの、WiMAXなどのモバイルWi-Fiルーターとだいたい同じようなものかなといったところです。
ただし、SoftBank Airは月間データ容量無制限で利用できますので、外では利用せず自宅だけでたくさん使いたい方にはおすすめですね。